主な原因と症状

歯科矯正

顎関節症の主な原因は、顎に悪い癖を持っている、姿勢が悪い、噛み合わせが悪い、精神的ストレス、物理的に顎に強いショックを受ける、等があります。
また、一つの原因で発症することは少なく、多くの場合は複数の原因が折り重なることで発症します。
主な症状は、顎に痛みを感じたり、口が開けづらくなったりすることです。
症状が悪化すると、口が開かなくなったり、顎に痛みやしびれを感じたり、噛む時に痛みを感じるようになります。
また、症状が悪化すると、肩こりや頭痛、食欲不振などを起こすこともあります。
顎関節症は自然に治ることもありますが、そのままにしていると慢性化してしまうこともあります。
そうなると日常生活に支障をきたしてしまうので、早めに専門医による治療を受けることが大切です。

主な治療方法

顎関節症は、歯や顎の治療をすることで症状が改善されます。
歯の治療は、虫歯を治したり、歯を削ったり高くして噛み合わせを良くしていきます。
顎への治療は、マウスピースの装着やホットパックの使用による保存療法、顎への整体やマッサージ等による間接操作、関節鏡手術や関節腔洗浄療法などが行われます。
また、痛みがひどくて日常生活に支障をきたすようなら鎮痛剤を用いた保存療法が行われます。
ただし、軽度のものなら痛みを抑えているうちに自然に治ることもありますが、中度以上の場合は鎮痛剤だけで治ることはありません。
また、顎関節症は首や背骨などの歪みが原因である場合も多いので、その場合は整体などで首や背骨の歪みを矯正します。
せっかく歯や顎を治しても、首や背骨が歪んだままだと再発してしまうことがあるので注意が必要です。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031